INTERVIEW

事業部土木課課長
兼 安全課課長
星 博樹

幅広いポジションを経験することで仕事の全体像が把握できる。モノづくりの醍醐味を実感

子どもが生まれて一緒にいる時間を確保でき、仕事ではスキルアップも叶う――それが転職の決め手

前職も建設業でしたが、当社が総合建設業であることに対して、前職では専門的な分野に特化した仕事をしていました。専門的であるがゆえに県外への出張も多く、朝は早く夜は遅いというスタイル。子どもが生まれたので、もっと子どもと一緒にいる時間を大切にしたいと思ったことに加え、経験を積んでいくうちに「イチから創り上げる仕事をしてみたい」「幅広い案件を担当して、もっとスキルアップしたい」と思うようになり、地域密着スタイルである当社に転職を決意しました。

今はただの山。そこに道路が作られ、多くの人が利用して便利になる…そんな大きなやりがいがここに

鮫川村の国道289号線の林道工事を、これから8年かけて行う予定です。山を切り崩し、盛土したりとかなり大規模な工事となります。このような長期で大規模な工事をイチから担当できるのは、当社のこれまでの実績と信頼があってこそ。完成するまでの道のりはまだまだ先ですが、自分が手掛けた道路を多くの方に利用してもらえると考えるだけでも、ワクワクしますね。

口下手でも大丈夫!真摯な姿勢で取り組めば、自分も周りもみんなが笑顔に

現場の大小はあっても、仕事としては一つひとつ大切なもの。小さい現場だからといって気を抜くことはありません。工事をする場合は、些細なことでもトラブルがないように意識しています。そのためにも、一緒に工事を行う業者との連絡や調整などのコミュニケーションは非常に大切だと思っています。ただ、話し上手じゃなくてもいいんです。口下手でも、正直で真摯な対応ができれば大丈夫です!工事をすることでその土地の地権者や近隣住民に喜んでもらえることが、なによりも嬉しいですね。

伝えたいのは「不安なこと」も「やりたいこと」もしっかり応えてくれる会社だということ

今後は、情報化施工の時代です。普段馴染みのない人にとっては慣れるまで大変かもしれませんし、私もその一人ですが、ICTの活用によってさまざまな面で効率化できるので、しっかり覚えていきたいですね。ICTのことだけでなく、もしわからないことがあれば近くの先輩にいつでも聞いてください。みんなちゃんと助けてくれますよ!それから「仕事や研修で新しいことをやってみたい!」と思えば、いつでも挑戦させてもらえるので、ぜひ声を挙げてくださいね!

RECRUIT

機械化・情報化(ICT)による施工技術をいち早く取り入れており、安全で快適な職場づくりに努めています。「建設業界で技術を磨いてきた」といった経験者はもちろん「これから建設業界でチャレンジしたい」という未経験の方からのご応募もお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

READ MORE